志を持ち歩む

ベンチャー事業部 コンサルタント
2019年新卒入社 上野 友己 名古屋大学卒業

社会を変えたいという想い

社会課題を解決したい想いが非常に大きかったです。世の中の不条理に対しての課題意識が大きく、課題解決を行うにはどうすれば良いのかと考えた結果、実際に学生時代に途上国への留学しました。現地の様子を肌で感じながら、留学中に途上国で起きる社会課題解決についての研究を行いました。

そのような原体験があったため、当初は社会課題解決を行うために官公庁への就職を考えていました。でしたが、実際に官公庁のインターンに行き、自分が描いている世界観はこの場所で実現できるのかと疑問を抱きました。官公庁では1つの物事を進めるのに多くプロセスを踏まないといけないために、スピード感が足りないと感じてしまいました。

その後、官公庁から民間企業への就職活動に切り替えていくのですが、軸は「社会課題解決」を置いており、その中で雇用という社会課題解決を行うことができる人材業界を中心に就職活動をしました。見ていた人材業界の企業の中の1社がBNGパートナーズでした。

他の企業の選考も進んでいたのですが、BNGパートナーズの選考は他社と比べると圧倒的にスピード感が早く、選考官1人1人が意思決定をして物事を進めている印象がありました。社員が主体的に意思決定をしている環境だからこそ、自分が求める「スピード感を持って世の中を変えることができる環境」なのではと考え、BNGパートナーズに魅力を感じました。そして1番初めに内定が出たBNGパートナーズに入社する意思決定をしました。

成果を出すために

同期入社のメンバーと比べると成果を出すまでに時間がかかったかもしれませんが、僕の中に焦りはありませんでした。目の前のやるべきことに向き合えば、きっと成果を残すことができる、そう確信を持って働いていました。

幸いなことに入社して半年になりますが、成果を安定的に出せる状態になっていると思います。目の前のやるべきことを向き合った結果です。今後はより高い基準で安定的に成果を残すことができればと考えています。

印象的だった仕事は、自分が開拓した企業に対してご縁をつなげたことです。ニッチな業界に対してシステム開発をしている企業なのですが、まだまだアーリーステージの企業ということもあり、転職希望者が納得する条件を出すことができず、ご支援に至っていないという状況でした。

入社して半年ほど経ったころに、ようやく転職希望者の方との良縁を作ることができました。目の前のやるべきことに向き合い、提案を行い続けてきた結果だと思っています。今でもその企業の社長との付き合いは続いており、食事にも誘われる仲にもなりました。このような関係値を他の企業とも築きたいです。

社会課題の解決に向けて

自分が当初掲げていた社会課題への解決を意識しながら日々仕事をしています。今後はより多くの人に影響を与えていきたいと思っています。僕が掲げる志は「人生を懸けて、努力したら成功する世界を作ります。」というものです。世の中は平等であるべきなのに、どうしても泣きを見る人が出てしまいます。そんな人を一人でも減らしていきたい。

BNGパートナーズでは社会を変える存在である起業家や経営幹部の方と一緒に仕事ができます。そんな彼らと働くことができるからこそ、社会課題へのアプローチができると思っています。僕が彼らを支援し成長させていくことで間接的に大きな影響力を持って社会課題解決ができます。これからも社会課題への解決を挑む起業家や経営幹部の力になっていきたいと強く思います。

個人としても社会課題解決を行う志を持った方と一緒に仕事をしていく中で自分の視座をより上げて、大きな影響力を持っていきたいです。自分の志の実現のために止まらずに歩みを一歩ずつ進めていきたいと思っています。日々、自分の志と向き合いながら仕事ができるということもBNGパートナーズの魅力です。