困難を乗り越えて見つけたもの

プロエージェンシー事業部 担当ディレクター
2016年新卒入社 本田 和佳 関西学院大学卒業

誰よりも強くなりたかった

私がBNGに入社したのは、いま思えば不純な動機だったのかもしれません。私は、誰よりも強くなりたいと思っていました。

きっと当時の自分は「日本を元気にする」よりも、自分の成長のことばかり考えていました。BNGで働けば、成長企業の経営者、一流のプロ人材、そして成長意欲あふれる仲間、そういった方々と共に仕事ができる。そして、そこでトップをとって見せる。そう思っていました。

学生時代、誰よりも強くなりたいと思い、英語研究部や教職など、多くの活動に携わり、トップクラスの成果を出してきた自信がありました。しかし、現実はそう甘くありませんでした。

入社してから2年間くらいは苦しい時期が続きました。なかなか成果が出ない時期もありました。同期がトップセールスになったり、最年少マネージャーになったりするのを見て、自分はダメだなと落ち込むこともありました。

でも、落ち込む度に、真摯に向き合ってくれたり、励ましの言葉をくれる上司や先輩、仲間がいました。仲間という意味では、BNGは本当に恵まれた環境だと感謝しています。

必死に頑張る中で見つけたもの

入社3年目になると、特段、自分で何か変わった自覚はなかったのですが、徐々に成果が目に見えるようになってきました。トップセールスになることがあったり、部下を任されるようになったり、遅咲きながら少しずつ自信を持てるようになってきました。

その頃、ある上司の言葉を思い出しました。「本当に成長しているときは、成長実感なんかない。筋肉痛と一緒で、本当に成長しているときは、痛みしかないもんだ。」と教わったことを思い出しました。

また、私が担当していたある大手IT系企業の社長が、BNGの社長である蔵元と会食した際に、私のことを名指しで「実績はナンバーワンではないが、顧客を大事にするという意味では業界でナンバーワンのコンサルタントだ」と言って頂き、当初は部署異動と共に担当コンサルも変更する予定だったのを、顧客社長からの直談判で担当を継続させていただくということがありました。

入社して一番嬉しかった出来事でした。決して自分では十分なコンサルティングは出来てなかったと今でも反省しますが、その顧客社長のことを大事に思い、提案し、行動し、粘り強く交渉し続けてきたことは自負がありました。それが認められた瞬間でした。

BNGの中で「成果を出すのは当然ながら、顧客や候補者を大事に扱う」という指針があります。私は、それに非常に共感して行動をしていました。「やっぱり正しかったんだ」と自信を持てた瞬間でした。

新しい世界をつくるために

2019年から、プロエージェンシー事業部に異動になりました。新しい部署では、「人生100年時代」の働き方のインフラをつくるために、プロフェッショナル人材の方々の副業やフリーランスとしての活動を支援しています。

「関わる人の人生を豊かにする」という私の信念は何も変わりませんが、これまでのエグゼクティブサーチ事業以上に「時代を担っている」という責任感があります。

私たちが接しているプロフェッショナル人材の方々は、主に上場しているベンチャー企業の経営者の方々です。一方で顧客企業は、日本を代表する大企業から、注目のスタートアップまで幅広いです。顧客企業やプロフェッショナル人材の方々の、ほとんど全ての方々が、「日本のために」や「未来のために」という大きな志を持って、人生を懸けて闘っています。

その両者を「正規雇用」というフォーマット化された形態ではなく、新たな形態、様々な形態でマッチングを実現し、大きな志を実現するという意味では、以前の職務以上に複雑さが増しています。

とても複雑な責務を担うプレッシャーはあります。しかし、私にはかつての困難を乗り越えてきた自負があります。私に出来ることは小さなことかもしれない、でも、小さな一歩を丁寧に積み重ねることが、大きな一歩への近道だと。