決断を正解にする

執行役員 人材開発室長
2016年新卒入社 杉田 穂高 慶應義塾大学卒業

世間の正解を選び続けた人生

振り返ると小中高大ともに勉強、運動もそこそこでき、クラスでもある程度のポジションにいました。典型的な中の上の人生でした。偏差値が高い中学、高校、大学に進学し、世間から正解と言われるであろう道をずっと選び続けていたと思います。

当然、就職で世間の正解を選ぶのであれば、周りが選択しているような名だたる大企業に新卒入社することであったと思います。ですが、大企業に入ったときの先の人生が予測できてしまいました。そこそこお金をもらい、そこそこ充実した人生を送っている。そう見えてしまったときに、誰のために人生を生きているのだろうとふと思いました。

思い返すと正解である選択肢を選ぶことはありましたが、正解を自ら作り出すという主体性は自分の人生にありませんでした。せっかくの人生であれば挑戦してみよう、そんな想いでベンチャー企業を中心に就職活動をしていました。その中の1社がBNGパートナーズでした。

BNGパートナーズと出会い、とんとん拍子で話は進み、代表の蔵元と面接をしました。そこで蔵元から「君がいいならこの場で内定を出すよ」と決断を迫られました。自分の人生に対して主体性を持って決断することをしていなかった私は迷いました。この選択が正解なのかと。

自分の体感ではかなり長い時間悩んだと思います。今でも鮮明に覚えているのですが、最終的には蔵元から言われた言葉で入社を決めます。「決めた道を正解にするために全力を注げばいい」、その言葉を聞いたときにこれからの人生は自分で正解を作り出すという決意が持て、その場で蔵元と握手をしました。

正解の道を作り出す

現在、執行役員として採用の責任者を行っていますが、自分のキャリアを振り返るとかなりの紆余曲折を辿っています。職種でいえば、エージェント、人事、新規事業開発、営業、M&Aコンサルタントと数多く経験させていただきました。役職は、新卒1年目で役員に抜擢された後に3年目でメンバーにまで降格し、再び役員を務めています。

BNGパートナーズに在籍し、嬉しい事も苦しい事も数多く経験しました。正直、降格した際は本気で会社を辞めようと考えていました。でしたが、ここで逃げ出してしまえば正解を作り出すという自分の決意から逃げることになります。それだけは嫌だった。

その決意を胸に真摯に業務に向き合った結果、執行役員としてBNGパートナーズが一番力を入れている採用を責任者というポジションで再び任されるまでに至りました。

私も色々な会社の採用支援をしてきましたが、ここまで色々な職種の経験ができたり、抜擢や降格を積極的に行っている企業は見たことがありません。ですが、この人事も多くの経験をメンバーにさせることで、その人の成長を促していく想いを込めて行っています。成長を求める方にとっては良い環境だなと人事をやっていて強く思います。

社会への第一歩を踏み出す方へ

残酷な事実ですが、皆様が就職活動の客観的な正解に辿り着く可能性はほぼ0に等しいです。世の中には約400万社企業があり、その全てを回っていては何年経っても就職活動は終わりません。私がアドバイスをするのは正解の選択肢を選ぶのではなく、正解の選択肢を作り出すこと、その意気込みがあれば、どの選択肢を選んだとしても正解に辿り着けるはずです。

そして、その正解を作り出すためには主体性を持って企業に対して携わる姿勢が必要不可欠だと考えています。企業に対して受け身の姿勢を取っていては永遠にその選択肢は正解に変わりません。その企業に入って何をしたいのか、その企業をどう変えていくのか、そういう視点を持って就職活動に臨むと良いのではと思います。

皆様がこれから第一歩を踏み出す社会という場はテストのような客観的な正解はありません。全ての決断や仕事において、誰も責めることはできません。これからの社会に生きるために必要な姿勢は自らの責任で正解を作り出すことです。皆様が主体性を持って第一歩を踏み出す人生を生きることを心より期待していますし、そんな方と一緒に日本を元気にしていければと考えています。